歩くことが楽しみに!巻き爪を簡単に治すたった1つの方法

こんにちは、beastです。

今日は巻き爪を治す方法についてまとめてみたいと思います。

経験した人にしかわかりませんが、巻き爪って本当に痛いですよね。

ひどい方になると、爪が皮膚に刺さり、化膿してしまうなど歩くのも困難になってきます。

 

私も長年親指の巻き爪に悩まされてきた一人です。巻き爪を経験された方のアルアルですが、つい痛みを軽減したくて親指の爪の端を大目にカットしてしまいますよね。

これ、一時的には痛みから解放されるのですが、より症状を悪化させる原因となります。

 

爪は本来湾曲する性質を持っています。

そのため正常で平らな爪を維持するためには、爪に対して適度な圧力がかかっている必要があります。また、痛みを軽減しようと爪の端を深くカットしてしまうと、適度な圧力が爪にかからずさらに皮膚に爪が刺さるような形で湾曲・変形してしまいます。

 

一度悪化するとなかなか自然治癒の力で治すことは難しいのかも知れません。

今までどんな対策してきたの?

巻き爪に悩む人

私もこちらのサイトを訪れた方と同じように、これまで巻き爪の痛みと戦ってきました。

巻き爪の痛みから解放されたくて、さまざまな方法を試してきました。今まで実際に試した方法をお話ししたいと思います。

 

・形状記憶合金ワイヤーを用いて自分で矯正

・市販の矯正器具をインターネット購入し自分で矯正

・専門クリニックで施術し矯正

 

その界隈では有名と思われる形状記憶合金のワイヤー(竿中とおる君)を使用した矯正をしたことがあります。爪の両端2か所に穴を開けて固定するのですが、穴の開け方や角度によって非常に強い力が爪にかかり、爪が割れる可能性が高くあまりお勧めしません。

また、ワイヤーの爪への固定/ワイヤー両端の処理が甘いとケガをしたり、衣類(特に靴下)に引っかかるなど日常生活において不便なことが多いことから、すぐにやめてしまいました。また矯正中の見た目が良くありません。

 

上記のその他の方法についても、矯正効果はありましたが、矯正器具の選択を誤ると生活上の煩わしさがあったり、治療に通う手間が発生するためあまりお勧めしません。

 

巻き爪の痛みから解放される方法は?

巻き爪を治す方法としては、正攻法含めて以下の方法が挙げられます。

  • 病院で保険適用の範囲で治療する。
  • 専門クリニックで保険適用外の治療を受ける。
  • 市販の矯正器具を使用して自分で爪の矯正を行う。

 

・病院で保険適用の範囲で治療する

受診する科は皮膚科や外科が一般的です。

部分切除や爪母部分切除による治療方法があるようです。私は切除というキーワードが怖くて選択肢に入りませんでした。

 

・専門クリニックで保険適用外で治療する

ペディグラスという治療方法が有名です。爪に特殊な透明な器具を装着し矯正を行います。

一度の施術で痛みは改善しますし、施術の際に痛みがありません。

非常に有効的な治療法だと思います。実際に私は半年~1年近く通って治療し、ほぼ爪が平らになるまで改善しました。治療中に施術部分が非常に目立ちにくいのが特徴で女性にもお勧めです。

料金は重度の方で1回の施術が8000円~9000円程度です。治療期間は、個人差はあると思いますが軽度~中度で約3~4ヶ月程度、重度で約6ヶ月~1年程度ぐらいとお伝えしているようです。

重度の方ですと湾曲の状況に合わせて複数回、施術を受けます。私は治療に3~4回ほど通い、総額約3万円程度掛かったと記憶しております。私の日々のケアが悪かったのが原因ですが、治療後数カ月で巻き爪に戻ってしまいました。

公式の施術動画をこちらに貼っておきます。

 

・市販の矯正器具を使用して自分で爪の矯正を行う

インターネット上で市販されている矯正器具を利用する方法です。

今回私がお勧めする方法は

「ドクターショール 巻き爪用クリップ」

を使用した矯正です。

 

巻き爪用クリップ,巻き爪矯正,ドクターショール,巻き爪治療,巻き爪改善

※爪の先端の両端をカットしてしまっている方はこちらで矯正するのは難しいと思います。そんな方は、ペディグラスによる治療で解決できると思います。

 

なぜお勧めなの?

こちらは、形状記憶合金でできており、その真っ直ぐに戻ろうとする力で巻き爪を平らに矯正する製品となります。

クリップの両端にフックがついており、このフックを爪先の両端に引っ掛けて使用します。サイズはS,M,Lの3種類があり、さまざまな爪の大きさに対応できます。

今までいろんな矯正器具を試してきましたが、本当に手軽にかつ簡単に装着でき、矯正する力に優れた商品だと思います。装着してから直ぐに痛みが改善されるのを実感できると思います。

より詳細な使用方法を知りたい方は、公式サイトで確認してみてください。

 

では、実際に使用して感じた「メリット・デメリット、購入の際のポイント」についてお話しします。

<メリット>

  • 爪を矯正する力が強くすぐに効果を実感できる
  • 装着が簡単
  • 矯正する力が程よく爪が割れる心配がほとんどない
  • 素足で出かける際は、簡単に外すことが可能

<デメリット>

  • コンパクトなため紛失しやすい

 

購入の際のポイント

<サイズについて>

クリップを利用するには爪先に爪が2~3mm残っている必要がありますのでご注意ください。

クリップのサイズは、以下の3種類となっております。ご自分の爪のサイズに合わせて選んでください。

  •  Sサイズ(15mm)
  •  Mサイズ(17mm)
  •  Lサイズ(19mm)

 

私は身長168cmで足のサイズは26.0~26.5cmですが、親指の爪の矯正に使用したサイズはLサイズでピッタリでした。

巻き爪の方はサイズを測るのは簡単ではないと思います。

コツとしては、付箋紙やテープを利用して、一度目印を付けた後に定規などで測られると正確な長さを確認できると思います。もしくは布製のメジャーなどを使用されるとよいかもしれません。

 

<購入数について>

1個のパッケージに、クリップ1つが入っています。

例えば片足の親指の爪を矯正されたい方は、1個購入してください。両足の親指の爪を矯正されたい方は2個購入する必要がありますのでご注意ください。

以下のリンクから、ご自身にあったサイズの巻き爪用クリップをご購入できます。


Dr.Scholl(ドクターショール) 巻き爪用クリップ Sサイズ 14.5mm 1個【代引き不可】【同梱不可】【メール便専用】はこちら

Dr.Scholl(ドクターショール) 巻き爪用クリップ Mサイズ 16.5mm 1個【代引き不可】【同梱不可】【メール便専用】はこちら

Dr.Scholl(ドクターショール) 巻き爪用クリップ Lサイズ 18.5mm 1個【代引き不可】【同梱不可】【メール便専用】はこちら


※公式サイトとショップの表記でサイズの表記が0.5mmの差異があるようです。同じものですので、公式サイトのサイズを基準にS/M/Lいずれかを選択されれば良いと思います。

 

[サージカルテープも一緒に買いましょう]

デメリットでもお話ししましたが、クリップは小さいので紛失しやすいです。

爪に装着する際は、サージカルテープで爪から外れないよう固定することを強くお勧めします。お近くの薬局やドラッグストアにあると思います。

足は蒸れる場所ですので、私は通気性の高い不織布タイプのものをお勧めします。

 

効果的な矯正方法は?

一番効果的な装着タイミングがあります。それは入浴後です。入浴後は爪が軟化していますので、矯正する力が効果的に爪に作用します。

「お風呂に入ってるときも装着してればいいのでは?」と思われる方もいるかと思いますが、金属ですので長期間使用しているとサビが出やすくなります。また、入浴中に紛失する可能性もありますので、入浴中の装着は避けたほうが良いです。私は入浴中に紛失しました(笑)

入浴以外は常に装着して、平らな爪に矯正しましょう!

※痛みのひどい方は、届いたら直ぐに装着してください。

痛みは改善されたけどもっと早く平らにする裏技とかないの?

あります。市販のパーマ液を使用して爪を軟化させる方法があります。また、非常に短い時間で矯正を行える製品があります。ご紹介した「巻き爪用クリップ」と併用することで爪の矯正の効果を高めることできます。

<パーマ液を併用した矯正方法>

爪は髪と同じタンパク質の一種ケラチンでできています。一般的なパーマ液には1剤と2剤があり、1剤を使用します。

注意として、巻き爪により化膿している方などは傷口を悪化させると思いますので使用は控えたほうが無難です。また、皮膚が弱くかぶれやすい方も控えたほうが良いです。

手順をご説明します。

□必要なもの
  • パーマ液
  • ラップ
  • 輪ゴム
  • ドライヤー

パーマ液はお近くの薬局やドラッグストアにあると思います。ベネゼルのクリームタイプで良いかと思います。私は購入の際に成分で悩みましたがあまり悩む必要はありません。

□手順
  1. 足と爪をキレイに洗います。
  2. クリップを装着します。
  3. パーマ液の1剤を矯正したい爪に少し垂らし綿棒などで爪全体に塗布します。
  4. 指全体をラップで巻き、ラップが外れないように輪ゴムで固定します。
  5. 20~30分ほど放置します。このときドライヤーを使用して温めると軟化させる効果を高めることができます。
  6. 輪ゴム、ラップ、クリップを外しお湯でキレイに洗い流します。
  7. タオルでふき、クリップを再度装着し足を乾燥させます。

クリップの耐久性・劣化が心配な方は、パーマ液塗布中は外して置き、乾燥させる前にクリップを装着されれば良いかと思います。

<専用ロボを使用した矯正方法>

巻き爪をとても短時間で矯正する方法です。

巻き爪矯正器「巻き爪ロボ」というもので、即効性の高い矯正器具です。

価格は税込みで19800円と結構なお値段しますが、医療機器認可を取得しており、購入から一年間の保証期間がついていますのでとても安心感があります。

(模造品の品質が粗悪なものが出回っていますのでご注意ください)

こちらから購入できます。

公式動画がありますので、興味がある方はご覧ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.